下田日記

毒にも薬にもならない話

【雑記】中華街で豚饅食べてきた話。

連休ってどうしてあっという間に終わってしまうんでしょうか。連休じゃなかったらもっとあっという間に終わってしまうけど。ほんと帰ってきて3連休、明日からが怖い。

 

連休最終日に家でゴロゴロしててももったいない、そういえば豚まん食べたい。ということで元町中華街までフラフラ行ってきた。「豚まん食べたい」って言ってついてきてくれる友人の優しさが沁みる。ついたらなんかイベントやってて、獅子舞みたいなのがウロウロ練り歩いて太鼓やらシンバルやらがガッシャンガッシャン鳴り響いて、おかげで待ち合わせ場所「今中華街で一番うるさいところ」にしてスムーズに友人と合流できた。じゃなかったら中華街のどこにいるかなんてわからないから絶対に合流できてなかった。

 

この中華街、狭いエリアの中にたくさんの中華料理屋が犇めいてて、どの店も軒先で露店スタイルで中華まんやら北京ダックやらなんかよく分からないかき氷やらを売っている。そしてどの店もラインナップはさして変わらないからもうどこで買っていいのか分からない。見た目だけで見たらよほど黒いとかない限りどの店で買っても同じものが出てくる。出てくる、というか並んでる。

 

特に贔屓にしている店舗もないので、いつもちょっとウロウロして「その時一番胡散臭いカタコトの日本語で接客してくるお兄さんの店」で買うようにしている。なんとなく現地で買ってる雰囲気に浸れる気がするから。そしてそこで買った豚まんで美味しくなかった経験が今の所ないから。とはいえ今日は友人もいる。ならまぁ並んでもいいから多少なりとも知ってる店に行ってみようか。こんなときじゃないと行かないし。ということで行列から見るに元町中華街の中でも屈指の人気店(だと思う)、老祥記さんの列に並んだ。豚まんが食べれたらなんでもいいなんて言いながらミーハー精神満載で我ながら恥ずかしい。でも食べたことないし一回くらい胡散臭いカタコトの日本語で接客してくるお兄さんのところで買わなくても別に罰は当たらないだろう。そんなことを考えながら待ち時間を潰し、購入。

 

並んでいる間におじさんからイベントのチラシをもらった。第6回KOBE豚饅サミット2016という催しが11月11日12日13日の3日間開催されるらしい。そして何やら11月11日は豚饅の日らしい。ポッキー&プリッツの日が11月11日なのはその菓子の形状が数字の1に見えるというのはなんとなくわかる。でもあの丸くてもっちりした豚饅の日が11月11日なのはよく分からない。おそらくみなさんもそう思うでしょう。豚肉を使ってるから29日(にく)にしといたら良かったのになんでグリコに喧嘩売るようなことをするんだろうか。

 

と思ったらありました。理由。

 

f:id:shimotch:20160919202210j:plain

 

鼻の穴、まさかの鼻の穴。もう今後ポッキーやプリッツを食べる時に「これは豚の鼻の穴」とかそんなことを思い出しそう。それにしてもよく閃いたなこれ。思いついた瞬間絶対に脳内で「アハ」って声が聞こえてたと思う。誰が思いついたのかはわからないけど、誰が思いついてもアハっていうレベルのそれ。

 

ということで11月11日はポッキーやプリッツを食べるのもいいですが、もうちょっと肉感が欲しいな、あるいは汁感が欲しいなという方は是非豚饅を食べましょう。ポッキーパーティーも確かに盛り上がりますが、今年は趣向を変えて豚饅パーティーなんてどうでしょう。蒸篭と蒸し器があれば尚いいですね。さながらオーダーバイキングかのごとく、小籠包や豚饅をたくさん蒸してみんなで盛り上がりましょう。11月にもなるときっと少し肌寒くなってきているはずだから、ポッキーとかプリッツなんてぬくもりのかけらもない菓子をポリポリつまむより、みんなでアッツアツの豚饅をほうばった方がきっと身も心も温まること間違いなしです。

 

僕はもしやるなら全力でポッキーパーティーを選びますが。

 

老祥記さんの豚饅は一つ一つは小さいけど、中に豚肉の肉汁というか油というかエキスの詰まった液体物が入っていて3つ(最低購入単位)食べたらもうお腹にたまって満足しちゃいます。それでいて3個270円。安い!うまい!後早かったら申し分ないですが、店内でたくさんの従業員さんが人手で豚饅を包んでいるのを見ると早くしろなんて口が裂けても言えるわけない。むしろ倒れないように適度に休憩はとってほしい。そして豚饅おいしかったですいつもお疲れ様です。なんて労ってあげたい。

 

後なんか小籠包を適当につまんで、モザイクの方に歩いて甘いもの食べてお腹いっぱい!飲みに行くなんてことにもならず新快速に乗って颯爽と帰宅。自宅を出てから5時間もしないうちに自宅に帰ってきたからこの充実感すごい。また行こう中華街。